ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

空き家バンク

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月6日掲載

香美市空き家情報登録制度『空き家バンク』

現在、香美市の中山間部では過疎化が進んでおります。
そこで、U・J・Iターンや二地域居住など、山や川、自然豊かな田舎に暮らしをしたい方を対象に、空き家情報をご紹介します。
本市は、空き家を有効活用し、移住促進や地域の活性化を目指しておりますので、賃貸や売買が可能な空き家を所有されている方は、まちづくり推進課の定住班までご一報ください。

物部川風景写真

空き家バンクとは、空き家の賃貸や売買を希望する所有者から物件情報を提供していただき、市のホームページ等に掲載し、香美市へ移住を希望されている方へ物件情報を一括して提供する市の登録制度です。
※ 移住をご検討される方は、当ページ最下に記載されている注意事項を必ずご確認ください。

空き家を探している人が大勢います

田舎暮らしが人気です。
自然の中で充実した子育てを行いたい若い世代や、スローライフを楽しみたい熟年世代が古民家を探しています。

空き家の持ち主が移住者を選べます

空き家の所有者が、売買または賃貸を希望する入居者の条件を決めることができます。
契約手続きは、担当不動産業者が仲介しますが、
新たな住民が移住定住するためには、持ち主の方のご理解ご協力が必要です。

空き家への移住者が地域貢献

空き家バンクの情報を利用した移住者には、地元自治会への加入や地域行事への参加協力を事前にお約束いただいております。
移住者が地域に定住すると、集落維持の担い手が増えます。

空き家は、人が住むことで維持管理ができ、防犯面や周辺環境も安心です。
また、地域への協力者が増えることで集落を元気することができます。
居住が見込める家屋で、長期にわたって不在の場合や管理が難しくなっている住宅の所有者の方は、賃貸や売買を考えてみませんか。

※人口減少が進む中山間の地域活性化のために、空き家の情報提供をお待ちしています。

安心して物件契約をしていただくために

空き家バンク制度は、高知で暮らす<あったか高知暮らし住宅支援システム>を利用して、「公益社団法人高知県宅地建物取引業協会」や「社団法人全日本不動産協会高知県本部」との連携により、空き家の現地確認や情報発信、現地案内を行います。

担当不動産業者が、交渉の段階から支援し契約手続きも責任を持って仲介します。
なお、契約の際には一定の費用が必要ですが、不動産業者が仲介することにより所有者と移住希望者の心配が少なくなります。

空き家を登録される方

詳しくは、空き家を貸したい・売りたい をご覧ください。

香美市に移住するためには

本市は、気候も温暖で、町・里・山川があり自然豊かでありながら、高知空港やJR土佐山田駅、南国インターチェンジにも近く、交通網も便利な地域です。
移住を検討される際には、ご自身のライフスタイルにあった地域を選びをしましょう。
本市をよく知っていただくために、移住体験が行えるお試し住宅を準備しています。(単身または2名向きの部屋が4戸)
各部屋には、一定の家電製品なども完備しているので、遠方から移住先をお探しの方は「香美市お試し移住体験住宅」を是非ご利用ください。

空き家バンクを利用されたい方

香美市空き家バンクの制度をご理解のうえ、お申し込みください。

注意事項

  • 空き家バンク登録物件は香美市外の移住希望者を優先します。
  • 市役所は、空き家情報の提供や最低限必要な当事者間の連絡調整を行います。
  • 物件の賃貸借や売買等に関する、交渉および契約等に係る行為は担当不動産業者が仲介します。
  • 交渉や契約は、担当不動産業者が支援いたしますが、利用希望者と所有者の責任において行ってください。
  • 交渉時のトラブルについて、市は一切の責任を負いません。
  • 近隣住民や地域とトラブルになった場合は、空き家バンク利用登録を取り消す場合があります。
  • 移住される際には、地元行事への参加協力や自治会への加入をお願いしております。