ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

移住支援情報


印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月23日掲載

移住促進で、地域の担い手や協力者を募集中!

移住を希望される方々に、住まいや仕事に関する情報、支援団体ホームページへのリンク等を掲載しております。
ぜひともご覧いただき、香美市(かみし)へお越しください。   

移住支援サイト (画像をクリックすると新規ページが開きます)

いなかみライフへのリンク       高知家へリンク      全国移住ナビリンク

移住促進動画(30分)

 人気アイドルの松井玲奈さんが香美市を案内してくれます。 移住PR動画へのリンク

画像をクリックしていただくと、「全国移住ナビ」へ(外部リンク)
サイト中段の「動画でわかる素敵な香美市の魅力〜」をクリックしていただくと、
香美市の魅力をたっぷりとご紹介してくれます。

 

 

住まいのご案内

仕事のご案内

生活環境に関するご案内

選べる暮らしをチョイス。

保育園から大学まであります。

※就学前児童の一時預かりを行っています。
※市立保育園は、2016年度も待機児童無し(4月時点)
※市内全小中学校は、給食制です。
※中学生まで、医療費無料です。

いろいろな施設があります。

病院施設一覧(くらしのガイドより抜粋)[PDFファイル/1460KB]
公共施設一覧(くらしのガイドより抜粋)[PDFファイル/617KB]

その他、香美市の暮らしに役だつ情報ガイドブック、「くらしのガイド(電子版)」

香美市はこんなところです。

本市は高知県北東部の山間にあって、緑豊かな風土にあります。
車による交通網は、県都である高知市まで約30分、最寄りの高速道路南国ICまで約15分、高知龍馬空港まで約15分といずれもアクセスが容易な位置にあり、JR土佐山田駅を中心に公共交通も整備されております。

市の景観を見上げれば名峰三嶺を頂に、重畳たる山間からは清流物部川が太平洋に注ぎ込み、雄大な自然とともに約2万7千人の市民の皆さまが豊かな生活を営んでおります。

香美市は、2006年3月に物部川流域の旧3町村が合併して誕生し、農業が盛んな地域で「やっこネギ」や「ニラ」「ショウガ」「菌床しいたけ」、なかでも「物部のユズ玉」は日本一の出荷量を誇り、その他にも沢山の作物を温暖な気候のもとで栽培しております。

また、産業には伝統工芸である「土佐打ち刃物」や「フラフ」など、観光地では、日本三大鍾乳洞である「龍河洞」や、日本の滝百選に選ばれている「轟の滝」、紅葉が美しい「別府渓谷」など素晴らしい景色が四季折々に観られます。

さらには、皆さまもよくご存知のやなせたかし先生が描かれた「それいけ!アンパンマン」の世界と共通テーマを掲げる文化施設「香美市立やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム」があります。

移住をご検討中の皆様、高知にお越しの際にはぜひ香美市へお立ち寄りください。

 

出会い・婚活情報

香美市では、関係機関と連携しながら、出会いのきっかけづくりから結婚へのサポートをしていきます。
質問などがありましたら、お気軽に定住班までお問い合わせください。

情報サイト (画像をクリックすると新規ページが開きます)

高知で恋しよ

高知県や「高知の出会いと結婚応援団」が主催するイベント情報、1対1での出会いをサポートするマッチング制度など、出会いや婚活に関する情報が満載です。

イベント・講座

「カップルサポーター説明会・養成講座」

出会いイベントの参加者に対する助言や、カップルになった方の交際フォローをボランティアで行う「カップルサポーター」を募集しています。
ご興味のある方は、ぜひ説明会にご参加ください。

 
開催地開催場所開催日時
四万十市四万十市立文化センター小会議室
(四万十市中村桜町2-1)
2017年1月28日(土曜日)
13時から15時20分
高知市ちより街テラス会議室3
(高知市知寄町2-1-37)
2017年1月29日(日曜日)
10時から12時


詳しくは添付の募集チラシをご確認ください。
募集チラシ [PDFファイル/88KB]

香美市であいイベント「クリスマスキャンドルin龍河洞2016」イベント結果

開催日:2016年12月23日(金曜日)
参加者:男性10名、女性9名
カップル:3組成立

詳しくは下記の添付ファイルをご覧ください

カップルサポーターからの活動報告 [PDFファイル/785KB]

「出会いのハコ庭づくり㏌ふらっと中町」イベント結果

開催日:2016年11月19日(土曜日)
参加者:男性10名、女性10名
カップル:2組成立

詳しくは下記の添付ファイルをご覧ください

 カップルサポーターからの活動報告 [PDFファイル/841KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)