ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域づくり支援員募集


印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月9日掲載

 美良布地区集落活動センターを中心に香北町美良布、韮生野の中山間地域で地域支援活動等に取り組んでくれる支援員を募集します。

 香北町美良布地区は、香北町の中でも中心となる地域にあり、6集落から構成されています。地区内には、観光施設である、やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム、道の駅・健康センターセレネがあり、香北町内でも人の交流が多い地域です。産業は農業が主体で、高知県の三大ブランド米の一つである韮生米の生産地です。香北町は2010年から2040年の30年間で人口が60%まで減少する見込みで、人口減少が進んでいます。美良布地区は比較的住民が多く高齢化率もまだ高くない地域で、交流人口も多い地域ですが、地区内では、商店街が空き店舗化していること、独居老人が増加していることなど、生活面では高齢者への生活支援が必要とされています。地域のコミュニティー等もありますが、高齢化が進んだことで以前のような元気がなくなっており、再燃するには、活動する場の提供や活動のサポートが必要となっています。

 そこで、2017年3月に集落活動センター美良布を開所し、地域住民が主体となって地域活動を行い、地域が元気になること、やなせたかし記念館アンパンマンミュージアムなど周辺施設との相乗効果で地域外との交流を行い、地域に刺激を頂くことなどで、地域の活性化を目指しています。

募集人員

地域づくり支援員1名

資格

  • 心身ともに健康な方で、集落の地域づくり支援活動に意欲と情熱があり、地域住民とともに積極的な活動ができる方
  • 地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格事項に該当しない方
  • Eメール等パソコンを日常的に利用されている方
  • 普通自動車免許を取得し、日常的に運転をしている方

活動内容

  • 美良布地区集落活動センター全般に関する活動
  • 集落活動センター美良布の事務局
  • 集落活動センターの部会や地域活動の支援、また地域住民が交流する活動の支援
  • 集落維持に関する活動
  • 住民の生活支援に関する活動
  • 地域資源の発掘及び地域資源活用による振興活動
  • 地域間交流及び他地域からの移住促進に関する活動
  • 伝統文化継承に関する活動
  • 地域の祭事支援及び継承活動
  • 活動報告や地域新聞の作成

勤務場所

香美市役所本庁舎に勤務します。

美良布地区集落活動センターが開設される2018年4月以降は、香美市役所香北支所及び集落活動センター美良布事務所で勤務となります。

勤務時間 

1日7時間45分、月16日勤務を基本とします。

土曜日、日曜日、祝日、夜間の勤務がある場合もあります。

雇用条件

  • 市の非常勤職員
  • 健康保険、厚生年金、雇用保険等の社会保険加入
  • 勤務時間中はノートパソコンと公用車を貸与
  • 休日(有給休暇・特別休暇を除く)で業務に支障がなければ兼業可能

雇用期間

2018年2月1日から2018年3月31日までとしますが、双方協議の上、更新する場合があります。

賃金

月額188,880円

別途通勤手当が有ります。

募集期間

2018年1月9日(火曜日)から2018年1月17日(水曜日)まで

提出方法

郵送は2018年1月17日(水曜日)必着とします。

香美市役所定住推進課に直接お持ちいただいてもかまいません。

提出書類

  • 高知県香美市地域づくり支援員応募用紙

    応募用紙(地域づくり支援員) [PDFファイル/27KB]

    応募用紙(地域づくり支援員) [Wordファイル/19KB](このファイルはMicrosoftwordで作成されています。)

  • 履歴書は市販のものでかまいませんが、写真を必ず添付してください。

  • 活動目標レポート
    地域づくり支援員として活かしたい私の経験や能力、地域の活性化に向けた意気込み、支援員として取り組みたいことなどをテーマにしてレポートを提出してください。
    レポートは400字詰め原稿用紙3枚程度とし、パソコンで作成したものもかまいません。

提出先

〒782-8501

高知県香美市土佐山田町宝町1丁目2番1号

香美市役所定住推進課定住班

電話番号:0887-53-1061

ファクス番号:0887-53-5958

選考方法

第1次選考

書類選考のうえ、結果を1月下旬までに文書で通知します。

第2次選考

1月下旬に面接試験を行います。

日時等は第1次選考結果を通知する際にお知らせします。

交通費等は個人負担になります。

最終選考結果の通知 

第2次選考終了後に文書で通知します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)