ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不妊治療費の助成金交付


印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日掲載

不妊治療を受けられている夫婦に対し、不妊治療の経済的な負担の軽減を図るため、治療に要した費用の一部を助成します。対象となる不妊治療には一般不妊治療と特定不妊治療があります。

一般不妊治療

医療保険が適用とならない人工授精

(2017年4月1日以降に実施した治療が対象です)

対象となる方

次の要件をすべて満たす方が対象となります。

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦で、医師により不妊症と診断され不妊治療を受けた方
  2. 夫又は妻のいずれか一方が香美市に住民票があり、かつ香美市に居住している方
  3. 夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満の方
  4. 市民税等を滞納していない方
  5. 香美市が助成金の交付の対象とする不妊治療の期間中に、他の市町村から助成金に相当する助成・補助を受けていない方

助成額及び期間

治療を受けた日の属する年度ごとに、夫婦1組当たり3万円を限度として助成します。
但し、連続する2年を限度とします。

申請に必要な書類

  1. 香美市一般不妊治療費助成金交付申請書
  2. 住民票(続柄・本籍地が記載されたもので、発行日から3か月以内で個人番号の記載のないもの)
  3. 夫及び妻の所得課税証明書(1月から5月までの申請は前々年度の所得)
  4. 市民税等についての滞納のない証明書
  5. 医療保険各法に定める被保険者証の写し
  6. 医療機関が発行した不妊治療に要した費用の領収書及び明細書
  7. 香美市不妊治療費助成事業医療機関受診証明書
  8. 戸籍抄本その他の婚姻関係を証明できる書類(夫及び妻が同一世帯に属さない場合に限ります)
  9. その他市長が必要と認める書類

香美市一般不妊治療費助成金交付申請書(両面印刷) [PDFファイル/86KB]

香美市不妊治療費助成事業医療機関受診証明書 [PDFファイル/42KB]

申請期限

治療を受けた日の属する年度の末日

特定不妊治療

医療保険が適用とならない体外受精及び顕微授精

対象となる方

一般不妊治療の要件をすべて満たし、かつ「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」(以下県事業という)の助成を受けている方

「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」についてはこちらをご覧くださいhttp://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/130401/funin-josei.html(外部リンク)

助成額及び期間

治療に要した費用から、県事業の助成を受けた額を控除した額について、1回当たり10万円を限度として助成します。回数、期間は県事業の規定に準じます。

申請に必要な書類

  1. 香美市特定不妊治療費助成金交付申請書
  2. 住民票(続柄・本籍地が記載されたもので発行日から3か月以内で、個人番号の記載のないもの)
  3. 市民税等についての滞納のない証明書
  4. 医療保険各法に定める被保険者証の写し
  5. 県事業に係る「不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書」
  6. 医療機関が発行した不妊治療に要した費用の領収書及び明細書(県事業の申請のために原本を使用する場合は、写しで可能です)
  7. 県事業の申請時に添付する「不妊に悩む方への特定治療支援事業指定医療機関受診等証明書」の写し
  8. 戸籍抄本その他の婚姻関係を証明できる書類(夫及び妻が同一世帯に属さない場合に限ります)
  9. その他市長が必要と認める書類

香美市特定不妊治療費助成金交付申請書(両面印刷) [PDFファイル/87KB]

申請期限

「高知県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業承認決定通知書」の通知日から60日以内

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)