ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

シカ個体数調整事業


印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月21日掲載

三嶺周辺において銃器によるシカ捕獲作業を下記の日程で行います。この事業は、三嶺周辺で異常繁殖したシカの個体数を減らす目的で、銃器(鉄砲)による捕獲を行います。林業関係者、登山者の皆様には大変ご迷惑をおかけすることとなりますが、安全確保のため作業当日は、警備または狩猟者の誘導に従ってください。当日は、目立つ服装(ピンク色、黄色等)で、鈴などを携行し安全準備をしていただき、十分注意して入山してください。特に服装に関しては、黒色・茶色などは捕獲従事者から視認しづらいので控えてください。

捕獲作業場所

剣山山系特別鳥獣保護区(三嶺周辺)

実施日

  • 2017年10月15日(日曜日)白髪山から白髪避難小屋周辺
  • 2017年10月29日(日曜日)サオリガ原から韮生越周辺
  • 2017年11月5日(日曜日)ヘリポート跡から中東登山口周辺から平和丸周辺
  • 2017年11月12日(日曜日)白髪山から牧場跡周辺
  • 2017年10月22日(日曜日)及び11月26日(日曜日)並びに12月17日(日曜日)については上記4日のうち作業中止になった場合に実施します。

 捕獲作業の概要

実施時間

日の出時刻から16時00分まで

参加狩猟者数

30名から40名まで

捕獲方法

猟犬による追い込み猟

シカ捕獲作業のお知らせ [PDFファイル/163KB]

作業日程及び場所等の変更

捕獲作業場所及び日程は、シカ捕獲作業のお知らせのとおり行いますが、捕獲状況を考慮し変更する場合があります。変更になった場合は、捕獲場所詳細図をホームページで掲載します。

2017年度現在の実績

捕獲頭数

ニホンジカオス19頭、ニホンジカメス8頭

延出猟者数

66名

捕獲作業日数

4日

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)