ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類で探す > 観光・イベント情報 > 観光スポット・観光施設 > 歴史・まちなみ > 吉井勇記念館に隣接する「渓鬼荘」が国の登録有形文化財になりました!

吉井勇記念館に隣接する「渓鬼荘」が国の登録有形文化財になりました!


印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月22日掲載

渓鬼荘(けいきそう)

渓鬼荘と猪野々

平成26年11月21日(金曜日)に国の文化審議会で答申された香北町猪野々にある 『渓鬼荘』国登録有形文化財に登録されました。

かやぶき屋根の渓鬼荘は、「いのち短し恋せよ少女(おとめ)」のフレーズで有名な「ゴンドラの唄」の作詞者・吉井勇が約3年間を過ごした庵です。

勇の心を癒した風景を見ながら穏やかな時間を感じることができる場所です。

詳しくは下記のリンクをご参照ください。

漂白の歌人吉井勇について

渓鬼荘と周辺の歌碑について